Home > 医師の転職

医師の転職

確かな感触を得るために

専門的な資格を使って仕事をする職業の場合、転職する時には実績がものをいうといわれています。とくに、医師の転職活動においては実績として募集先の医療機関が求めるものがいつも同じであるというわけではないので、確かな感触を得るためには募集先の希望する実績を自分が積んでいるかどうかを見極めておく必要があります。

つまり、医師の転職活動で確かな感触として手ごたえを得るには、募集先の医療機関が提示する条件を自分が受け入れられると感じた時だけではなく、募集先の希望する実績を自分がもっていて募集先の職場でも実績とともに活躍できると革新できることが重要です。

実績として募集先の医療機関が望むことは、勤続年数や手術の執刀数などさまざまなものがあるといわれます。ですから、医師の転職活動においては綿密に募集先と連絡を取り合って、面談でもじっくりと自分が募集先の医療機関で活躍できる人材であることをアピールしていけば、確かな感触をもって転職活動を進めることができます。

転職を願う

転職と言われると普通の会社員の方が多いのではないのかと思われる方が多いと思います。しかし医師の世界でも転職というのは存在しています。医師という仕事はなかなか休みも無いところで給料も最近では落ちてきているということがあります。

それでも大きな病院でしたらまだいいのですが小さい個人経営の病院ですと忙しい割に給料の金額が低いため生活していくのも厳しいという声がよく聞こえます。そのため医師の中でもこのままでは嫌だということで環境を変えるために転職をしていく人が多いです。

そのため一般的な例としては小さい病院から大きな病院へ行くという例が多いです。あとは大きな病院でも実績は出しているのに昇進には時間がかかるため他の病院へ行ってより高い地位を得ていきたいということも動機としてある人が多いです。このように医師の中でも当たり前のように転職の機会をうかがっている人はとても多いですし優秀な医師をつなぎ止めるための方法を考えないと行けないと思います。