Home > 医師の収入の推移

医師の収入の推移

推移はバラバラ

医師の収入の推移はバラバラです 私の周りの友達と医師になれば高収入になれて安泰だからうらやましいということを話していました。私も最初はそう考えていましたが実際に調べたら違っていました。まずは国家試験に合格しなければ医師になることができませんがその後どういったところに進むかで収入が違ってきます。

まずは研修医から始めるところがほとんどでこの研修医は病院にこき使われて夜勤などで体力も使う上に給料も安いです。しかもボーナスも出ないので生活はかなり厳しいです。そのため掛け持ちでほかの病院でバイトしている人もいます。そして医師になれたら収入は上がりますがそれも勤めるところで違ってきます。

大学病院や国立病院などの大きいところだと収入は一気に上がりますが小さいところですと患者も来ないところが多いため給料の額も少ないままです。そして中には独立して自分で病院などをつくる医師も多いですがうまくいけば年収は桁違いに上がってきますがお客さんが来ないと一気に年収が落ちるかもしれないので最初の進路は肝心です。

高収入のイメージ

医師と言うと、世間的には高収入のイメージが強い職業となっています。ところが、高収入を得られるようになるまでは相当な苦労を強いられるということは、あまり世間的に知られていません。医師の資格を取得してすぐに高収入を得られるというわけではなく、下積み時代を経てからではないと、どんな人でも満足のいく収入を得られるようにはなりません。

まず、研修医として働くことになります。この時代は一般企業で言う研修生と同じ扱いなので、収入も普通のサラリーマンと同じくらいです。人によっては学生時代のアルバイト代とそう変わらないという人も居ます。収入よりもとにかく知識や技術を学ぶことに集中しなくてはならない時期でもあります。

それからだんだんと実績を重ねていくことで、医師の収入は上がっていくことになります。派閥なども関係してくることがあるため、どの有名な医師に取り入るかということも大事となってきます。実績によって当然、医師の収入は上がっていきます。