Home > 転職サイト

転職サイト

大手

昔でしたら最初に入った会社で入社から定年までを過ごしていくのが当たり前で転職をすることが悪いことのように考えられてきました。しか し今では価値観の多様化などから一社でずっと過ごすのが稀になってきております。むしろ転職が当たり前のようになってきていますが今はインターネットの普 及によりパソコンで企業に応募できるようになりました。

しかもこうしたサイトは何十社もありどこに登録するかによっても全く違ってきます。というのは求人の情報やスタッフの質なども関わってきますので転職する人にとってはどのサイトに登録して相談にのってもらいどこの企業を紹介してもらい応募して行くかが決まって来ます。

大手なら求人の数も多いしサポートも手厚いですが小さいところですと求人もなかなか紹介されないし相談にもあまりのっていただけないことで転職活動が思うようにすすまないことがあります。ですから大手の名前が通っているサイトに登録した方が間違いは無いと思います。

SNSと連携したサイト

転職サイトは求職者と企業を仲介するための役割を担います。現代の転職サイトのほとんどが求職者登録をして自分の氏名生年月日や履歴、経歴を登録し、企業が閲覧できる形になっています。もちろん求職者が企業の情報を閲覧する事は可能です。

そのように双方の情報を知ることができる仕組みが大切ですし、そのためにSNSを取り入れている企業もあります。最近であれば facebookに企業が登録をしてfacebook内で企業説明会などを開催したり、クリエイター座談会と称した企業の現場で働くクリエイターとこれからクリエイターになりたいと考えている学生たちと交えて座談会などを行います。そこで、有能な学生を既にチェックしていたりします。

これからの転職サイトは、そのサイト内の仕組みだけではなく他SNSと組み合わせてオープンな情報配信をしていくことが重要になってくると感じています。良い人材を求めている企業としてはSNSを活用して企業情報を明確に告知していくことも大切です。